酸味や甘味のある果物はどう変化する?【アレンジみりんキャラメル】

前回ご紹介した「野菜のみりんキャラメル」は、今までにない味わいや食感が面白いと好評でした。

さて、野菜の次は、果物!酸味や甘味があり、野菜に比べてジューシーなものが多い果物は、どうなるのだろう…?

研究心に火が付いた山田は、あれこれ作り出しました。今回、出来上がった「果物のみりんキャラメル」の数は、なんと6種類…!試作のアイデアや感想など、余すことなく公開いたします。

柚子


みりんと柚子果汁を混ぜた段階で固まっているような状態に。煮詰めているうちにどんどん固まりになっていくため、半量までは煮詰められなかった。分離しない緩さで作る必要あり。酸っぱい。子どもは好きだった。

ブルーベリー


ワインに合う大人キャラメルを目指し、「ブルーベリー×バルサミコ酢」と「ブルーベリー×黒胡椒」の2種類を作った。「ブルーベリー×バルサミコ酢」の塩梅がとてもよかったので、煮詰めたバルサミコ酢とみりんでも作ってみたい。これも固まるのが早かった。「ブルーベリー×黒胡椒」は、だる甘な感じがなくなり、味にアクセントが出てよかった。

マンゴー


マンゴーの甘みだけではしまりがない味になりそうなので、合わせる香辛料を考えた。紅茶の香り付けやお菓子にも使われるピンクペッパーなら相性が良いかなと使用した。美味しい。

オレンジ


以前作った時はカチカチになってしまったので、生クリームの量を調整して再挑戦。しっかりオレンジ味を感じて美味しい。「オレンジ×黒胡椒」も作ってみたが、味がバラつくのでこれには黒胡椒はいらない。

アプリコット


押したらつぶれる位に熟したアプリコットを使用。アプリコットの程よい酸味と香りが残り、爽やかな後味に仕上がった。みりんとの相性がとてもよい。次は種を割って杏仁も一緒に煮詰めたい。

もも


少しべたつく出来上がり。桃感ゼロで、そのまま食べればよかった…というほどの残念さ。桃の水分を飛ばし、濃縮したエキスで作ったら違うかもしれない。

 

固さの調整が難しかったが、果物とみりんキャラメルの相性は間違いなしの美味しさ!香辛料などを入れることで、ちょっぴり変わった味づくりを楽しめました♪

みりんクリエイターの挑戦はこれからも続きます…!「こんなの作って欲しい!」「購入したい!」など、ご希望があれば商品化も検討させていただきますので、ぜひお声がけくださいね。

カラフルみりんキャラメルのお問い合わせはこちら

定番みりんキャラメルのご購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました