発酵食マルシェでみりんパウンドケーキを販売。剣持紗代が感じたこと。

先日、東武百貨店船橋店で開催された発酵食マルシェ。本みりん研究所を運営するmachiminは、初めて、カフェ(イートイン)を行い、日替わりでみりんスイーツを販売しました。5回にわたって、そのメニューを開発したみりん研究員たちが、商品についてやその時感じたことをご紹介しています。

第4回目の今回は、5日目の日替わりメニューを担当した剣持さんです。

剣持紗代
剣持紗代
流山市平和台のカフェ flowercafe ひまつぶし オーナー。
元介護職員。地域のコミュニティプレイス、サードプレイスを作りたいという想いから、2017 11月にカフェを開業する。店内はウッド調でアンティークな雰囲気。ドライフラワーを飾り、癒し空間に。ランチや自家製ケーキをご用意。

発酵食マルシェに参加しようと思ったきっかけは?

machiminオーナーの手塚さんに声をかけて頂き、微力ながら地域の活性化になるお手伝いをしたいと思ったからです。また、店舗とは違う場所へ出向き、お客様や業者の方に会い、色々なお話や意見を聞きたかったからです。

発酵食マルシェで販売した商品は?

砂糖・牛乳不使用の「みりんパウンドケーキ」です。

商品が出来上がるまでのプロセスや考えたことは?

砂糖不使用にすることで、しっとり感がなくなってしまうのではないかと思い、ドライフルーツをみりん漬けにして、とろみを出し、しっとり感を失わないようにしました。焼いてしまうとみりんの風味が抜けてしまうので、焼き上がった後にもみりんシロップをうち、みりんの風味を感じられるようにしました。

また、見栄えが良くなるにはどうしたら良いかも考えました。次回参加する際は、エディブルフラワーを活用する事で、flowercafe ひまつぶしらしさも意識したお菓子を出したいと思っています。

参加してみてどうだった?

いつもの店舗とは違う場所で、違う客層、地域の方とお話ができたり、百貨店での出店という貴重な経験をさせて頂きました。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました